リプロスキンの効果でニキビ跡は消えるのか?

リプロスキンの効果でニキビ跡を改善するには

一度できてしまったらニキビ跡はもう治らないと思い込んでいませんか。

 

確かに重症のニキビ跡は簡単には治りません。一生残ってしまうこともあるかもしれません。

 

けれども早め早めに適切なケアをすれば改善することは充分あるのです。

 

そもそも人間の体には自然治癒能力が備わっており、肌もターンオーバーを繰り返して新陳代謝しています。

 

年齢を重ねるごとに代謝は悪くなるので可能な限り早いに越したことはありませんが、肌を健康な状態に保ちさえすればニキビ跡をあきらめる必要はありません。

 

 

リプロスキンはどんなニキビ跡に効果的か

 

ニキビ跡は大きく分ければ赤みタイプ・シミタイプ・クレータータイプの3種類があります。

 

それぞれにリプロスキンはどのように働きかけるのでしょうか。

 

赤みタイプ

このタイプのニキビ跡は血管が関係します。
ニキビの炎症がひどくなると皮膚の組織が破壊されますのでそれを修復しようと毛細血管が増えます。さらに悪化すれば血管そのものが損傷し、流出した血液が色素沈着します。
こうして赤いニキビ跡が残ってしまうのです。

 

こうしたニキビ跡を改善するには何よりも規則正しいターンオーバーを繰り返すことが大切です。

 

リプロスキンは肌を柔軟にして美容成分や保湿成分が肌の奥まで浸透するようにし、肌の健康を取り戻す働きをします。その結果として適切なターンオーバーを促し、ニキビ跡の修復が期待されます。

 

シミタイプ

茶色いシミができるのはメラニンの大量発生が原因です。日焼けと同じ原理ですね。
ニキビの炎症はアクネ菌の大量発生で起こりますので、このアクネ菌を除菌するために活性酸素が発生します。
活性酸素はこのように外敵から体を守る重要な仕事をしているのですが、勢い余って自分の細胞まで攻撃してしまうという諸刃の剣です。この発生酸素から組織を守るためにメラニンが発生します。
これがニキビが収まった後でもニキビ跡として茶色いシミが残ってしまうのです。

 

こうしたメラニンによる色素沈着は美白成分で取り除くことが必要です。リプロスキンは肌を柔軟にすることによってこうした美容成分が肌に浸透しやすくしてくれるので、美白が効果的に行われることが期待できます。

 

クレータータイプ

ニキビ跡の中でも最も厄介なのがこのクレータータイプです。
見た目も肌が凸凹してかなり悪く見えてしまいますので、悩みの深いニキビ跡です。

 

クレーターができてしまうのはニキビの炎症が非常にひどくて表皮のみならず真皮まで損傷してしまうからです。真皮は肌の再生に関わる大切な層で正常なターンオーバーが行われにくくなり、しかもそもそも真皮自体はターンオーバーしないので一度ダメージを受けてしまうとなかなか回復しないのです。

 

ダメージの程度にもよりますがひどい凸凹のニキビ跡になってしまうとリプロスキンを使っても改善は難しいでしょう。
皮膚科でピーリングなどの物理的処置をすることも考えましょう。

 

ただ皮膚科に行くのも勇気がいるものです。費用もかなりかかってきます。
まずは時間をかけてでもリプロスキンで改善しないか試してみるのは価値があることです。

 

リプロスキンは肌を柔軟にすることで美容成分が肌の奥に浸透しやすくしますので、時間をかけて肌にじっくりと有効成分を送り届ければ真皮を改善することもできるかもしれません。そうすることで徐々にクレーターが目立たなくなるということはありますので、試してみる価値はあるでしょう。

 

まとめ

 

リプロスキンだけでニキビ跡を治せるわけではありません。
リプロスキンはあくまでも肌の健康を取り戻すブースターであって、それだけでニキビ跡が治るとは考えないようにしましょう。

 

事前の洗顔、事後の美容液・保湿という部分をきちんと丁寧に毎日続ければリプロスキンは大きな効果を発揮します。

 

そういう意味では忍耐のいるスキンケアではありますが、本当の美肌を目指すにはとても良い製品だと思います。